BLOG

初日の出

本当にマインドフルネスになるために効果がある瞑想方法

瞑想とは?

そもそも瞑想とは何なのか?

皆さんは「瞑想」と聞いてどんなイメージがありますか?

私はマインドフルネス瞑想やヨガなどをする前は、宗教的なものだったり、禅、お坊さん、修行、悟り、何かスピリチュアルなもの、などというイメージでした。

辞書で調べると

「目を瞑って心沈めること」

「目を閉じて静かに考えること」

などとあるのですが、

このマインドフルネス瞑想というのはまず、無宗教です。

そして、”無”になることでも、悟りを開くことでもなく、”気づくこと”なのです。

要は脳トレです。

瞑想をすることによって、体調の変化に気づいたり、何を考えているのか、固定観念、思い癖、体の状態、

様々なことに気づけるのです。

そして瞑想をすることによって、脳で考えていることをストップさせます。

これは簡単なようで結構難しいです。

なぜなら、私達は毎瞬無意識に色んなことを考えているからです。

それを急に止めようとしても、すぐに雑念は浮かんでくるものです。

そしてそれは人間だけができる能力なのです。だから、決して悪いことではありません。

ただ、考え過ぎてネガティブな気持ちになったり、せっかくの自分の人生を他の人の事を

考えたり、嫌な出来事に囚われてしまっては勿体無いですよね。

更に思考は現実化するとも言われています。

同じできご事が起きても、その出来事をどう捉えるかによって

その出来事の意味は変わってきます。

ということは、自分次第で人生幸せに出来るんです。

更に、無意識に考えていることの80%とはネガティブなことだとも言われています。

なので、放っておくとろくな事を考えかねません(笑)

だからこそ瞑想がとても大切になってくるのです。

 

瞑想の種類

・感じる瞑想
・ボディスキャン
・歩く瞑想
・聴く瞑想
・食べる瞑想
など。

今日は、その中の「感じる瞑想」の簡単なやり方をお伝えしたいと思います。

瞑想方法

まずは姿勢良く座ります(椅子でもok)

②目を瞑った方が集中しやすい方は目を瞑ってください。

③体の一部どこかの感覚に集中すると決める。

 今回は鼻腔に意識を向けます。
 呼吸をするたびに、空気が鼻腔を通る感じをただただ感じます。
 ※ここでの注意点は、「感じている」のと、「感じているつもり」では効果が大きく異なります。
 頭で考えるのではなく、ただ感じることに集中します。

④雑念が必ず浮かんだり、映像として出てきたりするので、出来るだけ早くそれに気づいて、
 呼吸をする中で

鼻腔を感じることに意識を戻します。

これをまずは1〜3分タイマーをして実践してみてください♫

これは、いつ、どんな時でも実践できるので、

朝起きた時や、寝る前はもちろん、

歩いている時、電車に乗っている時なども実践できるので、是非日常に取り入れてみてくださいね。

この時の注意点は、何か浮かんできたり、無意識に何か考えていたとしても

そんな自分を責めないでください。

雑念が浮かぶことは人間なので当たり前のことなのです。

ただその思考に気づき、「今こんな風に思っているんだな」「こういう事を考えていたな」とただただ受け入れ、”感じること”に戻す。

その繰り返しです。

 

この瞑想方法をするだけできっと色んな変化があるはずです。

瞑想して効果がでるスピードなどは人それぞれですが、

コツコツ続けていくことが大切です。

無理なく是非気づいた時にするようにしてみてくださいね♫

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆様がより良い人生となりますように。

Shoko

関連記事

  1. マインドフルネス
  2. マインドフルネス
  3. マインドフルネス瞑想
  4. マインドフルネス
  5. マインドフルネス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP